SHOULDER ACHE

肩こり

ブロック治療や消炎鎮痛処置、内服薬による治療を行います。
漢方薬も効果的です。

国民生活基礎調査によれば、肩こりは女性が訴える症状の第1位(約130名/1000名)、男性では第2位(60名/1000名)です。
一方で肩こりを自覚している人のうち、医療機関を受診する人は20%に留まっています。それぞれでセルフケアを行ったり、マッサージを受けたりしていることが多いようです。

当院では肩こりに漢方薬とエコー下筋膜リリース注射、鍼治療などの組み合わせで加療を行なっています。
鍼や注射などの即効性のある治療と漢方薬での根本的な治療を組み合わせて行います。
肩こりのほとんどは漢方医学的には瘀血(おけつ)という血の巡りが悪い状態から起こります。
筋肉の隅々まで血が巡っていなくて硬くなってしまっているイメージです。
体質的にこの瘀血になりやすい人もいます。
そのような方は、自分にあった瘀血を解消する薬(駆瘀血剤)を日常的に内服すると、肩こり以外症状も改善して体調が良くなることが多いです。
また、肩こりはストレスと関連することも多いため、ストレス反応を軽くする漢方薬で肩こりが改善した、なんてことも良くあります。もちろん2つの薬を一緒に飲むことも効果的です。漢方薬はその人に合ったものを診察の上で選びます。

肩こりから解放されたい方はいつでもご相談ください。

WHAT ARE YOU WORRIED ABOUT?

他にお悩みをお持ちですか?

漢方内科

それぞれの人の体質や体調、環境の違いに注目して痛みを治療するのが漢方薬です。

頭痛

頭痛になると日常生活が楽しく送れないため、鎮痛剤を乱用している人も多くいます。

花粉症(アレルギー性鼻炎)

星状神経節ブロックを行うことで血流が改善して、症状の緩和が期待されます。

ぎっくり腰

急性の腰痛には神経ブロック治療が有用です。内服薬も併用して辛い時間を短くします。

慢性腰痛

慢性腰痛の原因は様々ですので、その人にあった治療で早期の緩和を目指します。

肩こり

ブロック治療や消炎鎮痛処置、内服薬による治療を行います。漢方薬も効果的です。

神経ブロック

痛みの原因となっている部位の神経の活動を一次的に休ませる(ブロックする)治療法です。

生理痛

生理に関連したお悩みのある方は、漢方薬治療をお勧めします。

顔面神経麻痺

末梢性の麻痺には星状神経節ブロックと内服薬による治療が有効です。

体調不良

原因不明の体調不良に対し、当院では漢方薬やサプリメントを利用した加療を行います。

栄養療法

適切な食事、サプリメント・点滴による栄養補充、糖質コントロールなどを行います。

帯状疱疹の痛み

帯状疱疹の痛みを放置すると痛みが長期化するため、早期の治療が大切です。