MENSTRUAL PAIN

生理痛

生理痛は日常生活ができないほど辛い方もいます。
生理に関連したお悩みのある方は、漢方薬治療をお勧めします。

生理痛は日常生活ができないほど辛い方もいますが、人には言いづらく、病気じゃないと言われながら耐えている人が多い、大変な痛みの一つだと思います。
痛み止めで軽くなることもありますが、胃が痛くなったり、体のだるさとか周辺症状(イライラやむくみなどなど)は耐えるしかないと皆さん思われています。

漢方薬を使うと、それまでなかなかすっきりしなかった生理痛が軽くなったり、おきなくなったりと、喜ばれることがしばしばです。
生理中は女性の体は、ホルモンの影響で変化します。
その変化に対応できるように漢方薬で調整すれば、下腹部痛やむくみや頭痛、腰痛、倦怠感、イライラなどがいつもの月経時より楽に過ごせるようになります。
実際には月経の影響がない期間は、体質改善のためにそれぞれにあった漢方薬を飲んでもらって、症状が出てくる生理前から、むくみの薬を併用するようなことが多いです。

生理前には体の水分を貯留させようとする方向のホルモンが動き、それが痛みの原因となっていることが多いので、そこを行きすぎないように、漢方薬で調整するのです。

生理痛で痛み止めを飲む人は多いですが、痛み止めは熱冷ましに使用するように、体を冷やします。冷えは女性の大敵とよく言いますが、特に冷やさない方がいい生理中に痛み止めを飲むのは良くないと考えます。
漢方薬は温めながら痛みを和らげる薬があります。
以前の職場で生理痛のためにソファにうずくまっていた同僚に、持ち合わせていたある漢方薬を1袋、お湯で飲んでもらいました。彼女は10分後には座り、顔色も回復し、笑顔で仕事に戻ることができました。

生理に関連したお悩みのある方は、漢方薬治療をお勧めします。

WHAT ARE YOU WORRIED ABOUT?

他にお悩みをお持ちですか?

漢方内科

それぞれの人の体質や体調、環境の違いに注目して痛みを治療するのが漢方薬です。

頭痛

頭痛になると日常生活が楽しく送れないため、鎮痛剤を乱用している人も多くいます。

花粉症(アレルギー性鼻炎)

星状神経節ブロックを行うことで血流が改善して、症状の緩和が期待されます。

ぎっくり腰

急性の腰痛には神経ブロック治療が有用です。内服薬も併用して辛い時間を短くします。

慢性腰痛

慢性腰痛の原因は様々ですので、その人にあった治療で早期の緩和を目指します。

肩こり

ブロック治療や消炎鎮痛処置、内服薬による治療を行います。漢方薬も効果的です。

生理痛

生理に関連したお悩みのある方は、漢方薬治療をお勧めします。

帯状疱疹の痛み

帯状疱疹の痛みを放置すると痛みが長期化するため、早期の治療が大切です。

顔面神経麻痺

末梢性の麻痺には星状神経節ブロックと内服薬による治療が有効です。

体調不良

原因不明の体調不良に対し、当院では漢方薬やサプリメントを利用した加療を行います。

栄養療法

適切な食事、サプリメント・点滴による栄養補充、糖質コントロールなどを行います。