KAMPO MEDICINE

漢方内科

それぞれの人の体質や体調、環境の違いに注目して
痛みを治療するのが漢方薬です。

当院は漢方医学と西洋医学の双方を併用して診療を行っています。
どちらかに偏ることなく、患者さんにとって最も良いと思われる方法を選んで、治療を行います。

当院ではペインクリニックといって「痛み」の治療を行っていますが、漢方薬を使って様々な病気、症状を取り扱っています。例えば風邪や下痢・便秘といった内科的な疾患、あるいはアトピー性皮膚炎や難治性の湿疹、アレルギー、不眠、冷え性、めまい、更年期の悩みなど様々な症状に対応します。

もちろん痛みに対してもほとんどの方に漢方薬を使用します。肩、頚、腰など運動器の痛み、帯状疱疹などの神経の痛み、頭痛、生理痛、胃の痛み、肛門や会陰部の痛み、そのほかにも様々な痛みに漢方薬治療は有効です。

漢方は「木を見て森を観る」医学です。
痛いから痛みどめという考え方ではなく、なぜ痛みが出たのかを考えます。
血の巡りが悪いのか、水が溜まりやすい体質なのかなどその人その人の体質を読み解き、問題点を改善することで痛みが出ない状態に体を変えていく。
だから同じ症状でも同じ漢方薬ではないことが多いです。この考え方で痛み以外の症状にも対応します。

「長く飲まないと漢方は効かない」と、一般には思われていますが、けっしてそのようなことはありません。
早い方は内服したその場で効き目が現れてきますし、1週間で長年の痛みが楽になってきたということはよく経験するところです。
西洋医学的な治療を長く続けてもなかなか良くならない方や、そうでなくても漢方による治療を望まれる方は一度ご相談ください。

疼痛疾患に対する漢方薬の有用性(医師会雑誌に載ったコラム)

上村聡子 うえむらさとこ
平川奈緒美 ひらかわなおみ
佐賀大学医学部附属病院ペインクリニック・緩和ケア科

疼痛疾患に対する薬物は毎年のように新出し、治療効果は高くなっている。
しかし鎮痛薬が効かない症例も少なくない。先生方もご経験があるのではないだろうか。
そうなると私たちペインクリニシャンの出番になり、これも進化し続けている様々なブロックを行う。
これは大変効果的なことが多く、内服療法と併用して痛みのコントロールがつくことも多い。

ところがどんなに手を尽くしても痛みが緩和しない症例がある。
平田ら1)の症例報告で、帯状疱疹の痛みがある高齢男性に持続硬膜外ブロックを行い、鎮痛薬もあらゆるものを使ったが、眠ることも食べることも出来ずに寝た切りだったところ、非常に寒がることに注目して麻黄附子細辛湯を投与し、1回飲んだだけですやすやと眠れ、次の日には自ら立ち上がり歩行したというものがある。
疼痛疾患に対する漢方薬の効果は絶大だと感じた論文であった。
ここで注目すべきは、「冷え」という見方である。西洋薬は冷やす薬はあるが、温める薬は無いに等しい。
この方のように体の中から温めると痛みが軽くなることはしばしば起こる。しかも冷えがある方には経験上、鎮痛薬やブロックの効果が出にくい。また、同じ帯状疱疹でも様々な病態がある。
例えば触るだけで痛いというアロディニアという症状は、治療が困難である。これを漢方的に考えると脊髄後角から皮膚に至るまでの経路がウィルスによる炎症の熱で焼かれ、乾いてしまったために、神経がむき出しになり感覚が過敏になったのではないかと推察する。
そこに必要なのは潤い。
滋潤薬の登場である。麦門冬、五味子、地黄などの潤う作用の生薬を使用することで、この症状が緩和する2)。

近年スマホやパソコンの使用で患者数が増加している頚椎症では葛根製剤や桂枝茯苓丸などの駆お血剤の有効性が報告されている3)。
これらと抗ストレス剤ともいうべき柴胡剤を併用して強い痛みが消失した症例も多数ある。
頚椎症症状で鎮痛薬を長期間飲み続けている人は非常に多く、漢方薬と生活指導で鎮痛薬を減量したり、中止したりできるため非常に喜ばれる。

しかもこれらの効果が、眠気や吐き気や便秘などの強い鎮痛薬特有の副作用なしで期待できるため、高齢者にも、子供にも、運転や仕事をする世代にもみんなに投与できる利点がある。

漢方は、疾患の成り立ち、局所の病態から個人の体質や体調などあらゆる側面から方剤を考慮し、最も適したものを使用できるため、応用の範囲はどこまでも広く、様々な疼痛疾患に効果を示す。長く続いた腹痛が治った子供と虐待が疑われていたその母親のうれし泣き、ひどい寝違えがすぐに治って驚く同僚、生理痛が一服で消えた時のほっとした笑顔、漢方で誰かの痛み、苦しみを助ける場面は数多くある。

方剤を決定するには、ある程度の知識や経験、診察方法の取得などが必要であるが、痛みが緩和した時の患者の得難い笑顔を見るのは格別であり、勉強の甲斐があると感じている。
西洋薬やブロックと併せて是非使用してみるべき治療法である。

1)平田道彦.垣内好信.麻黄附子細辛湯が奏功した帯状疱疹後疼痛の1症例.痛みと漢方 2002 ; 12 : 48-50
2) 平田道彦.皮膚の異常知覚に対する漢方治療~補陰の役割~.漢方の臨床 2013 ; 60-7 : 1159-1163
3) 山上裕章.脊椎疾患に対する漢方治療. 2005 ; 26-6 : 767-774

WHAT ARE YOU WORRIED ABOUT?

他にお悩みをお持ちですか?

漢方内科

それぞれの人の体質や体調、環境の違いに注目して痛みを治療するのが漢方薬です。

頭痛

頭痛になると日常生活が楽しく送れないため、鎮痛剤を乱用している人も多くいます。

花粉症(アレルギー性鼻炎)

星状神経節ブロックを行うことで血流が改善して、症状の緩和が期待されます。

ぎっくり腰

急性の腰痛には神経ブロック治療が有用です。内服薬も併用して辛い時間を短くします。

慢性腰痛

慢性腰痛の原因は様々ですので、その人にあった治療で早期の緩和を目指します。

肩こり

ブロック治療や消炎鎮痛処置、内服薬による治療を行います。漢方薬も効果的です。

生理痛

生理に関連したお悩みのある方は、漢方薬治療をお勧めします。

帯状疱疹の痛み

帯状疱疹の痛みを放置すると痛みが長期化するため、早期の治療が大切です。

顔面神経麻痺

末梢性の麻痺には星状神経節ブロックと内服薬による治療が有効です。

体調不良

原因不明の体調不良に対し、当院では漢方薬やサプリメントを利用した加療を行います。

栄養療法

適切な食事、サプリメント・点滴による栄養補充、糖質コントロールなどを行います。