NERVE BLOCK

神経ブロック

頭痛になると日常生活が楽しく送れないため、
鎮痛剤を乱用している人も多くいます。

痛みの原因となっている部位の神経の活動を一次的に休ませる(ブロックする)治療法です。
多くの場合は痛みを伝える神経の近くに局所麻酔薬を投与して、神経の伝達をブロックします。
炎症が見られる場合や痛みが強い場合はステロイド剤を併用します。

Q.どのような効果がありますか?

痛みを伝える知覚神経をブロックすることで、痛みを和らげます。同時に血流を増加させる効果もあります。
特定の神経を狙ってブロックを行い、効果を見ることで、痛みに原因がはっきりすることもあります(診断的治療)。

Q. 効果は一時的ではないですか?

痛みが長く続くと、体を動かさなくなって、血流が悪くなり、また痛みが増すという痛みの悪循環に陥ります。
そのうち気持ちも落ち込んでますます痛みが取れなくなります。
神経ブロックで痛みを取ったり血流を良くしたりすると、この悪循環が断たれることになります。
痛くない、少し動こう、そして血流が良くなり治っていく、というわけです。
痛みを一次的にでも止めるのは、とても意義のあることです。(詳しくはコラムをご覧ください)

 

Q. どんな種類がありますか?

頭痛(トリガーポイント、後頭神経ブロック)
腰痛(トリガーポイント、腰神経叢ブロック、硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロック)
頚椎症(トリガーポイント、星状神経節ブロック、腕神経叢ブロック、椎間関節ブロック)
胸や背中の痛み(トリガーポイント、硬膜外ブロック)
下肢痛(坐骨神経ブロック、大腿外側皮神経ブロック、硬膜外ブロック)

様々なブロックの中から、その時の痛みに最も適している神経ブロックを提案します。

当院で主に行うブロック

硬膜外ブロック

硬膜外腔は脊髄を取り巻く、硬膜の外側に局所麻酔薬を入れて痛みをブロックする方法です。
麻酔でよく使われる方法で、ブロックした部分の痛みを止めることができます。
首からお尻までどこでもブロックできるので、全身様々な部分の痛みに対応できます。

安静時間:1時間

星状神経節ブロック

星状神経節は頚部にある交感神経節です。
上半身の血流などを調整しています。
痛みがあると緊張状態が続いて血流が悪くなることが多いので、この神経節をブロックして血流を促して痛みを和らげることができます。
頭頚部や上半身の痛み、上肢の痛み、痛み以外でも顔面神経麻痺や突発性難聴に効果が期待できます。
エコーで血管や神経に当たらないように確認しながら注射します。

安静時間:30分

神経根ブロック

腕や腰から足にかけての痛みがある方の中には、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄による神経の圧迫が原因の方がいらっしゃいます。
神経根ブロックは痛みの原因となっている神経の傍に直接ブロック注射をする方法です。
レントゲン装置を用いて、正確に行うことで痛みを和らげることができます。

安静時間:60分

椎間関節ブロック

ぎっくり腰でお困りの方には、とても効果があるブロックです。
ぎっくり腰の多くは背骨にある小さな関節(椎間関節)の障害が原因と言われています。
この痛んでいる関節にレントゲンを見ながら直接ブロック治療を行うことで、ぎっくり腰の痛みは直ぐに劇的に改善します。

安静時間:15分

WHAT ARE YOU WORRIED ABOUT?

他にお悩みをお持ちですか?

漢方内科

それぞれの人の体質や体調、環境の違いに注目して痛みを治療するのが漢方薬です。

頭痛

頭痛になると日常生活が楽しく送れないため、鎮痛剤を乱用している人も多くいます。

花粉症(アレルギー性鼻炎)

星状神経節ブロックを行うことで血流が改善して、症状の緩和が期待されます。

ぎっくり腰

急性の腰痛には神経ブロック治療が有用です。内服薬も併用して辛い時間を短くします。

慢性腰痛

慢性腰痛の原因は様々ですので、その人にあった治療で早期の緩和を目指します。

肩こり

ブロック治療や消炎鎮痛処置、内服薬による治療を行います。漢方薬も効果的です。

神経ブロック

痛みの原因となっている部位の神経の活動を一次的に休ませる(ブロックする)治療法です。

生理痛

生理に関連したお悩みのある方は、漢方薬治療をお勧めします。

顔面神経麻痺

末梢性の麻痺には星状神経節ブロックと内服薬による治療が有効です。

体調不良

原因不明の体調不良に対し、当院では漢方薬やサプリメントを利用した加療を行います。

栄養療法

適切な食事、サプリメント・点滴による栄養補充、糖質コントロールなどを行います。

帯状疱疹の痛み

帯状疱疹の痛みを放置すると痛みが長期化するため、早期の治療が大切です。